ご飯をゆっくり食べると、腸が元気になります。

私たち人間は、年々年を取っていきます。
当たり前ですが、内臓関係も老いていくのです。まず一番最初に腸が影響を受けます。
それから他の内臓に影響を与えていくのです。
腸が内臓関係の老いに影響を与えているのです。だったら腸を元気に若く保つことをしていけばいいのです。
どうすれば腸が若く保てるのでしょうか。全く想像つきませんよね。
腹八分目という言葉を聞いたことがあると思いますが、まさにこれは腸を若く保つコツです。
食べ過ぎると、腸の動きストレスがかかり腸の老化に拍車をかけることになります。
腸がゆっくりする時間がないということになります。
食事は3食規則正しく食べてほしいです。現代社会には難しい課題かもしれませんが、食事時間はとても大切です。
同じぐらいの時間に刺激を与えていくことは腸も働く時間がわかりストレスも少なくて済みます。
規則正しい食事も大切ですが、食事をゆっくりと食べることも大切になります。
規則正しくても早食いなら意味がありせん。時間をかけゆっくりです。
ゆっくり食べることは、副交感神経のも関係があらわれます。リラックスできるということです。
ゆっくり食べることにより、腸はストレスなく働くことができます。
ゆっくり食べることで、精神的ストレス、腸へのストレスが解消され腸にはとても良い影響を与えることができ腸が元気を保ってくれるんです。
時間に追われている毎日では、腸は元気になれません。食事の時間ぐらいはゆっくりと過ごしてもいいのではないでしょうか。
少しの時間で、腸も元気に体も元気になります。
明日からの生活で、試してみてはいかがでしょうか。便秘解消にも大いに関係していますよ。