マイクロダイエットはドリンク、スープ、リゾット&パスタ、シリアルの4種類

マイクロダイエットは1980年に提唱されたVLCD(ベリー・ロー・カロリー・ダイエット)理論に、基づいて開発された肥満解消用の専用食品を利用したダイエット方法です。
初めてイギリスでこのダイエット商品が発売されたときは口コミで広がった噂によって、わずか1年半で全英NO1ダイエット食品になりました。以来、マイクロダイエットは、世界41カ国に広まっているダイエット方法です。
日本で販売されているマイクロダイエットは、きちんと日本の栄養摂取基準にのっとり、約50種類以上の栄養素をバランスよく一食分に含ませてあり、その一食分(170~260キロカロリー)で、日本人の体質にあった体内環境が維持できるように計算してあります。
マイクロダイエットの実践方法は一日3食のうち、1食か2食をマイクロダイエット用の食品に置き換えて、一日の総摂取カロリーを押さえ、体重を減らしていくというダイエット方法です。
ダイエットを成功させるためには毎日継続して利用する必要があります。無理せず飽きずに摂取するために、現在、マイクロダイエットではドリンク、スープ、リゾット&パスタ、シリアルの4種類の形態が展開され、それぞれに食欲をそそり、満足させる味付けが工夫されています。
また、全国の医療機関で肥満治療の病院食として利用されている実績があります。このように安心なマイクロダイエットですが、カロリー制限をするダイエット法であるだけに、リバウンドに注意が必要です。
参考~ノニジュースで健康とダイエット
マイクロダイエットに向いてる人、向いていない人
人間がただ息をしているだけで消費するカロリーを基礎代謝量と呼びますが、それは成人女性で約1200キロカロリーといわれます。
日常生活をする為の適正なエネルギーのカロリー量は次の式から算出できます。
 (標準体重)=身長m×身長m×22
 (適正エネルギー)kcal=(標準体重) kg×25~30kcal
さて、貴方はどのくらいのカロリーが適正だったでしょう?そのカロリーより少ないカロリーを摂取していれば体重が減っていきます。マイクロダイエットは栄養のバランスを気にすることなく、ややこしいカロリー計算をしないで済むので、とても簡単に食事制限のダイエットが実践できるのです。
マイクロダイエットは、短時間にお金をかけてでも絶対やせたいのだけど、毎日忙しくて手間がかけられないという人に向いています。また妊娠中、授乳中の女性や成長期である17歳以下、または70歳以上の方、心臓病、腎臓病、肝臓病、インスリン投与中の糖尿病の疾患がある方、また内臓下垂によるぽっこりおなかには効果ないので、むやみに体力を落とすことになる、カロリー制限ダイエットであるマイクロダイエットは絶対してはいけません。
また、マイクロダイエットの減量効果は体質による個人差があります。普段より低カロリーの食生活や欠食、どかぐいなどを繰り返すタイプ、ダイエットとリバウンドを繰り返すタイプ、ホルモン剤や抗アレルギー剤を服用してる等、身体のバランスを崩しているタイプにはあまり効果がないようです。
健康的な生活をしていてこそ、栄養バランスばっちりのマイクロダイエットは肌荒れや、便秘などカロリー制限ダイエットのデメリットにわずらわされることなく、キレイですっきりしたスタイルを手に入れることを可能にしてくれます。