ミドル世代の転職市場が熱い!なぜミドル世代は重宝されるのか。

今回は転職市場に関するテーマでお送りします。
いわゆる「ミドル世代」(30代後半から50代)の転職市場が活況を呈しています。
新型コロナウイルスの感染状況はまだ予断を許さないものの、企業活動は徐々にコロナウイルス以前の水準に戻りつつあり、ミドル世代の採用マインドは今後も勢いを増すと予想されます。
今後、ミドル世代の転職市場はどうなるのでしょうか。
転職年齢35歳限界説は、2000年代後半から覆されています。
リーマンショック以降、中高年の転職市場は拡大を続けています。
2021年上半期の時点で、転職した36歳以上は、13年前と比較して2.8倍に増えています。
ミドル世代が求められている理由はいくつかあります。
ひとつは、社会的な背景です。
現在のミドル層は、新卒時に就職氷河期を経験した世代です。
本来なら経営を担うべき世代ですが、社内の人材が薄く、社内に適任者がいないため、社外に登用されているのです。
少子高齢化で労働人口が減少し続ける中、企業が若者を採用するだけで組織を維持・拡大することは難しくなっているのです。
また、企業が直面する競争環境が激化していることも理由の一つです。
若い人材を社内で育成するには、どうしても時間と教育コストがかかり、企業にとって大きな負担となります。
また、非IT(情報技術)企業が、新規事業の立ち上げや既存事業の改革、デジタル化の推進など、急激な変化に対応するためには、人材育成だけでは十分とは言えません。
そのため、採用後の即戦力として期待できる経験豊富なミドルマネジャーへの関心が高まっています。
2020年、新型コロナウイルスにより企業活動が停止し、転職市場に大きな影響を与えました。
転職市場は全体として縮小傾向にあります。特に、若手・未経験者の求人数は、2007年と比較して半減しているのが実情です。
一方、中間層を対象とした求人はコロナ前より増えています。
欠員補充や事業運営に必要な最低限の人材確保に加え、世の中の変化に対応するための求人が大幅に増加したのが主な要因です。
DX(デジタルトランスフォーメーション)、業務改革、リモートワークの推進など、企業が生き残るための変化が激しく、ミドルマネジメントの経験や知識への期待が以前より高まってきました。
2021年、景気に回復の兆しが見え始めると、採用活動を強化する企業が増えました。
2021年の求人数を業種別に見ると、
「IT・インターネット・ゲーム」
「コンサルティング」
「物流・運輸」
「建設・不動産」
がそれぞれ前年比127%、125%、122%、118%という伸びを示しました。
職種別では、IT関連のエンジニアやスペシャリスト、経理・人事・労務などの管理部門、営業職が好調です。
管理部門では、景気回復による事業拡大を見越した求人に加え、コロナの影響を受けていない企業が、上場を目指して経理や内部監査などIPO関連業務の経験者を採用するケースもあるようです。
今後のミドル世代の転職市場に注目です。