ヨウサンの重要性は聞き及んでいるので積極的にとるまでの目安量をチェックしてみた

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。
ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切な量をきちんと摂取することで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。
胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、積極的に摂取した方が良いでしょう。
仲良くしている友人が妊活していた頃の話だったと思いますが、漢方を欠かさず服用していたようでした。その子によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全に服用できると思います。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを妊娠しましたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。
そのため、葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。
この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。基礎体温でタイミングを見計らっても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。
でも、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦ったり悲しかったりでした。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。