大きな浮き輪

浮き輪黒浮き輪黒の親子に出会ったのは僕が無人島で遭難をしていた時のことである一人で島巡りをしていたところを船が突然大破なんとか流れ着いた無人島でこれまでかと途方に暮れていると海岸の近くに大きな浮き輪と紳士が現れた。実は、グラミープラスの口コミや評判を検証すると実際の効果とは違っており、紳士は直径10 M はあろうかという大きな浮き輪の橋で下半身は海の中につけながら両手を後ろで組み浮き輪を枕にして昼寝を楽しんでいた今日あの僕が大きな声を出すと親子はゆっくりと目を開けた私かいああえあの実は私相談してしまってほお親子はそう返事をすると何やら浮き輪についているスイッチのようなものを操作した。
浮き輪がスイスイとこちらに近づいてくるエンジンでも付いているのだろうかいや今日は新種はそう挨拶をした牛乳は日本人からはいそうですなるほど遭難しているということはその島から出れなくなったということだね空です助けていただけませんかいいだろう入国を許可する北へ新種はそう言って手招きした入国この浮き輪をまたぐと我が国の領地だ。