幼児期に英語を聞かせると耳が英語耳になりやすい

私が幼児に対する英語教育に賛成する理由として以下3点が主な事として挙げられます。

1.英語を受け入れやすくなる。幼児期から英語に触れていると小学校でいきなり英語の教育を始められるより英語に対する免疫があるので、他言語としての嫌がりが少ないのが良いです。

2.耳が英語耳になりネイティブの発音を早くから聞き取れる。英語の発音を早くから聞き取る為には幼児期から英語を聞かせているとそれまで聞いていなかった子と比べると明らかに聞き取りが早いです。

3.英語に関心を示しやすくなる。街中にある英語で書かれている看板や親が言った簡単な英語に対して何て言葉?と意味を聞かれる事が増え、英語を身に着ける第一歩に繋がりやすくなります。

このような理由の他にも今後、国際的な環境が増えていく事を含めて幼児期に早期英語教育を通して親自身が英語を身に着け子供に教えていく事も必要と考え幼児の早期英語教育に賛成です。
メリットは英語を受け入れやすくなる。耳が英語耳になりネイティブの発音を早くから聞き取れる。英語に関心をしめしやすくなる。親も子供と一緒に英語の勉強が出来、今後の国際的な社会環境に対して柔軟な考えが身に付く。等があげられます。

子供を将来的に国際的な人物に育てたいとしている場合はこれ以上のメリットはないです。

逆にデメリットとしては、幼児の早期英語教育の通信教材や教室に通う必要があり、教育費がかかる。親が英語を苦手だと子供に教えることが苦痛になる。日本語よりも先に英語を身に着けてしまい日本語に興味を示さない事がある。幼児期に身に着けたものを継続できず小学校に入ってから身に着けたものを忘れてしまう事がある。等があげれます。

金銭面で余裕が有れば英語教室等の塾に通えますが、金銭面で余裕が無いと親が自分で考え教える事になり大変な重労働となることが大きなデメリットとなります。
セブンプラスバイリンガル 返金