幼稚園・保育園での食育活動

今では、多くの幼稚園や保育園が、小さな子供向けの食育の活動に力を入れています。お父さん・お母さんが子供の頃は、「食育」という言葉もなかったので、イメージがわかないかもしれませんが、食育とは、食べることの大切さや楽しさを学ぶ活動です。幼児期は、一生涯にわたり健康に生きていけるように、その基礎を身につける重要な時期です。園での食育活動の内容を知って、家庭でも食育を取り入れた食生活を心がけましょう。
健康的な生活を送るために欠かせないのが“食”です。しかし、現代の日本では、“飽食の時代”と言われ、食べたいものはすぐに手に入りますし、ライフスタイルや家族構成も変化したことで、食生活が乱れやすくなっています。そして、生活習慣病や肥満の人が増えたり、過度なダイエットによって栄養不足になったり、さまざまな問題が見られるようになりました。そこで、2005年に「食育基本法」が、2006年には「食育推進基本計画」が策定され、食育を国民運動として推進していくことになったのです。
特に、幼児期の食習慣は、心と体の成長に結びつき、これからの長い人生にも影響を与えることから、幼稚園や保育園で、子供向けの食育に力を入れるようになりました。ただし、食生活の土台は家庭にあることを忘れてはいけません。園が食育に積極的に取り組んでいるからといって、家庭では全く食生活に気をつけていなかったら、子供は食の大切さを理解することができないでしょう。そのため、家庭でも食育をしっかり意識しましょう。