幽霊の正体についての考察

“この世に幽霊と呼ばれるものは本当にいるのだろうかという疑問は誰しもが持つと思う
しかしその正体となると誰にも分からない
まず本当に要るのかすらも分からない
科学者はいないと否定するだろうが、その否定をする方がよほど難しいため、かの有名な大槻教授は最近ではいるかもしれないと意見を変えたほどだ
では幽霊とは何か?
私が思うに幽霊はそういった生命体なのだと思う
例えば最近でも目撃が多いシャドーピープル。これは異次元の生命体がたまたま限界したものだと言われている
異次元、異世界の証明はなされているらしく、さらにはこの世界に多次元的に重なっているらしい
その他次元と自分の波長が合った時、その世界の住人が幽霊として認識されるのではないだろうか?
よく霊能力者やいわゆる視える人が言うのが、波長が合うと言った表現
これこそその証明にはならないだろうか?
その他にも一応別の正体についても考察しておくと、とあるユーチューバーとバシャールという人の体を借りた宇宙人との対話談がある
これによると幽霊とは人が死して精神生命体となったものなのだそうだ
人は進化を究極まで高めると精神生命体という精神だけの生命体となるらしい
それはまさしく幽霊の在り方と似てはいないだろうか?
というわけで考察としては、異世界の住人、もしくは精神生命体である”Udemy unity おすすめ