歴史的な円安!今後経済はどちらに舵を向ける?円高がいいの?

6月に入り、円ドルレートは一気に130円を超えた。今年3月の1ドル115円台から5月上旬の130円台まで急速に円安が進み、その後若干の円高に戻ったものの、再び加速度的に円安が進行している。
これほどの円安は約20年ぶりということで、連日メディアでも大きく報じられています。
しかし、日本に住んでいる多くの人は、いくら日常生活で毎日円を使っていても、円ドルレートにはほとんど興味も感覚もないだろう。
しかし、実際には、日本そのものがアメリカをはじめとする海外との密接な経済関係の上に成り立っており、日本で使われている為替レートは、私たちの日常生活だけでなく、日本の将来にとっても重要なものなのです。
では、為替レートは私たちの日常生活や国の将来とどのような関係があるのでしょうか。この機会に、この疑問について改めて考えてみましょう。
為替レートは、海外旅行や海外生活で最も明確に実感できる。
例えば、あなたがイギリスのロンドンに住んでいるとしよう。ロンドンといえば、物価が高いことで有名だ。
ロンドンの地下鉄の初乗り料金は4.9ポンドで、2012年6月6日現在の為替レート1ポンド=165円で換算すると日本円で約800円です。
有名な「フィッシュ&チップス」も10〜15ポンド(約1,600円〜2,500円)ほどする。
ロンドンで人気の回転寿司では、一番高い皿で5.5ポンド(約900円)、一番安い皿で2.5ポンド(400円強)である。
私は1990年代後半に2年半ほどロンドンに住んでいたことがある。
当時は1ポンドが約180円だったので、何を食べても、何を買っても高いと思わざるを得なかった。
ロンドンの物価はヨーロッパの他の都市に比べて高いと言われているが、この異様なまでの物価高の原因は、ポンド価格を円に換算していることにある。
私がロンドンに駐在していた頃、現地の日本人は「円に換算すると何も買えない」とよく言っていたが、これはまさに「円に換算した価格が異常に高い」という意味である。
日本は資源輸入国だから、円高になってもマイナスにはならない。
円安になれば外国人観光客が増え、お金を落としてくれるとか、輸出産業に有利だとか言っている人は、考えが浅いだけです。
そもそも、円安のときに日本に来る外国人はあまりお金を持っていないので、経済効果は無視できるほど小さい。また、観光公害も起こりにくい。
輸出も日本企業のごく一部が恩恵を受けるだけで、多くの人は恩恵を受けない。
むしろ、円高になって世界の購買力が上がり、資源や原材料の調達が容易になれば、多くの人が恩恵を受けるし、国に余裕があれば、喫緊の課題である給与の引き上げにも貢献する。
今のやり方は、日本の財政を悪い方向に傾けてでも、国民の生活を守る方向に舵を切るべきだ。その逆であってはならないと感じます。
今日は以上です。