海で大波に遭遇するとすぐに何かに捕まったほうが安全

この話は実は最近体験した話なのですが内容が内容なので家族や知人には話せず今までまだ23人しか話したことのない実際に起こった話です。
3年前の夏私は船を持っているおじと二人で太平洋を漂流などと無邪気にはしゃぎながら言うかな船舶生活を体験させてもらっていました。
5時と私は昔から馬が合い私はまるで本当の息子のように昔から色々な所へ連れて行ってもらったものです。
そんな日々を事件が襲ったのは船上生活を始めていつかもしたある夜。
その夜は突然終わらして高さ10 M はあろうかという大波が船を襲い私と祖父はゴロゴロとあちこち転がりながら人生の終わりを予感していました。
そのうちに私は頭を打ち気を失いしばらくして目が覚めるともう波が全くなくなっておりました。
文字はひっくり返ったベッドの上でタバコを吸っていました。