状況によっては債務整理の手続きがとにかく必要

任意整理とは,弁護士が,債務者の方に代わって,より有利な内容での支払条件になるよう債権者と交渉する手続です。任意整理の場合は,完済から5年間程度はブラックリストに登録され,その間は,新たに借り入れをしたり,ローンを組むことが難しくなります。

もう1つの任意整理のデメリットは,強制力がないことです。裁判外の交渉であるため,自己破産や個人再生のような制限はありませんが,強制力もありません。債務整理とは借金を減額したり、借金の返済を猶予したりするなど、借金を正当に解決するための手続のことをいいます。債務整理 種類

債務整理の種類・方法には「任意整理」「個人再生」「特定調停」「自己破産」の4種類があります。クレジットカードやローンなどの利用者の信用情報を取り扱う機関です。過剰な貸し付けを行わないよう、金融機関や消費者金融、クレジットカード会社などが利用者の信用情報を信用情報機関でチェックをしています。

裁判外での手続ですので,自己破産や個人再生に比べて柔軟な手続が可能であり,また,法的な制限も少ないというメリットがあります。ただし,裁判外の交渉ですから,法的な強制力はありません。

債務整理と過払金返還請求はもともと借金が無い方には無縁の手続きであることは共通しています。しかし、債務整理は借金を減額または無くすことが目的ですが、過払い金返還請求は、払い過ぎた利息を返してもらうことが目的ですので、まったく性質が異なる手続きと言えます。