金融業者から借入れている分を立て替えてもらえる

誰にも相談できず、1人で何とかしようとして返すために借りるようになると、あっという間に借金が膨らんでしまいます。貸金業者は住民票を調べて借金返済を督促してきますし、仮に行方不明であっても「公示送達」という方法によって訴訟を起こすことが可能です。

こうなると返済日が近づくたびに気持ちが重くなり、日常生活や仕事にも影響が出てくることもあります。何よりも、常に借金のことが頭から離れないために、平和な気持ちで暮らすことはできなくなってしまうでしょう。借金のストレスで、心や身体を壊してしまう人も少なくありません。借金苦

また、一本化できても返済期間が長期化するため、結果的に返済額が増えてしまうケースもあります。

さらに、一本化して完済した貸金業者の借入枠が空くため、そこからさらに借りてしまうと借金が倍増するリスクもあります。身近な誰かに相談できれば不安も少しは軽減できますが、借金という問題の性格上、打ち明けにくいこともあるでしょう。

つらい借金返済から解放されるには、つらくなる原因を解消していく必要があります。具体的に次のような方法を取ってみましょう。ただしその返済額が自分の生活と照らし合わせて現実的かどうか、将来的に滞納の可能性がないかどうかも、しっかり確認しておく必要があります。

無理な返済計画は途中で挫折して、結局滞納してしまうリスクが高いので、あくまでも現実的なプランを立てましょう。